刑法における未遂罪とはどういう意味?

よくニュースなどで聞かれる「○○未遂の疑い」という言葉について見ていきます。

未遂とは

法律において、何を「未遂」とするかは刑法にちゃんと書かれています。

その記述があるのは刑法の第43条と第44条の2つです

第43条
犯罪の実行に着手してこれを遂げなかった者は、その刑を減軽することができる。ただし、自己の意思により犯罪を中止したときは、その刑を減軽し、又は免除する。

第44条
未遂を罰する場合は、各本条で定める。

引用:コンメンタール刑法第43条及び第44条

犯罪を行ったとしても、通常は成功しなければ刑は軽くなる

「犯罪を行ったが、それがうまくいかなかった」ときや、「犯罪を行おうとしたが直前で良心が痛み、行動に至らなかった」ときなどがいわゆる未遂に当たります。

未遂にも2種類に分類され、やったけどうまくいかなかった未遂は傷害未遂、やろうとしたけどやらなかった未遂は中止未遂として扱われます(中止未遂は自発的な中止を考えているため、外部の要因によってこれを辞めざるを得なくなったときは中止未遂にはならない)。

第43条では傷害未遂は刑の軽減が認められており、中止未遂の場合は刑を軽くする(あるいは罰さない)ことが前提となっています。

重い犯罪は未遂自体も罰せられる

通常は刑が軽くなるとされる未遂ですが、重い犯罪ともなれば話は変わってきます。

刑法の罪の項目では様々な犯罪について書かれていますが、その中でも重い罪に関しては本来の罰則規定の次あたりの条文に「前項の未遂は罰する」という文言がわざわざ書かれています。この場合は第43条のようにその罪が軽くなることはなく、犯罪が成功した時と同等の刑罰が科されることになります。

たとえば、以下のような犯罪は未遂であっても成功した時と同じく罰せられます。

  • 殺人
  • 窃盗
  • 強盗
  • 詐欺

どれも誰もが知っている犯罪だとは思いますが、これらの犯罪には本来の刑罰の条文とは別にきちんと「未遂は罰する」という条文が添えられています。後ろに「未遂の疑い」という文章を付け加えても聞きなれているでしょう。

未遂罪と似ている予備罪

さて、未遂罪について見ていきましたが、日本では未遂罪とは別に予備罪というものも存在します。予備罪というのは簡単に言えば「犯罪を行う準備をすること」です。

予備罪が適用されている放火を例に挙げてみると以下のような感じになります。

  • 「放火をするために必要な道具をそろえた」(放火予備罪)
  • 「放火を行ったが、計画が失敗してうまくいかなかった」(放火未遂罪)
  • 「放火を行い、成功した」(放火罪)

未遂罪と予備罪についてはこのような感じとなっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク