裁判でよく聞く執行猶予ってどういう意味?

裁判で判決が言い渡されるときに、執行猶予という言葉が出てきますが、どういう意味なのでしょうか?

執行猶予とは?

裁判官「主文、被告人を懲役2年、執行猶予3年に処する」

執行猶予とは、ざっくりいうと「刑罰を行うまでの有効期間」といったところでしょうか。要するに、上の例の場合だと、「懲役2年」という刑罰を実際に与えられる可能性のある期間が「3年」付与されるということです。

執行猶予が付いた場合、たとえどんな罪になったとしてもその刑罰がすぐに実行されることはなく、裁判終了後は普通に外で生活することができるのです(ただし、保護観察が付くことがあります)。

執行猶予が付く条件

裁判官が執行猶予を言い渡すことができる条件は刑法第25条の執行猶予の項目によって細かく規定されています。

刑罰に対する条件

「主文、被告人を死刑、執行猶予1年に処する」なんてことはあり得ません。刑罰が一定以下の重さの時に執行猶予が言い渡される可能性が出てきます。具体的には以下の通りです。

  1. 懲役3年以下
  2. 禁錮刑
  3. 50万円以下の罰金

前科があるかどうか?

以前に別の犯罪を犯したかどうかによっても執行猶予がつくかどうかは変わってきます。前科がない場合は上記の刑罰の重さをクリアしていれば誰でも可能性はありますが、前科がある場合でも以下のどちらかの条件を満たしていれば可能性は出てきます。

  1. 禁錮刑以上の刑の執行が終わった日から5年以内に再び禁錮刑以上の犯罪を犯していない場合(刑が終了してから5年以上犯罪を犯していない)
  2. 禁錮刑以上でなおかつ執行猶予中に犯した罪について、その刑罰が1年以下の懲役または禁錮となる場合(ただし、保護観察がついている場合は除く)

上記2つの条件を満たしていれば裁判官は1~5年の執行猶予を付けることができます。

執行猶予はつけることが「できる」ものである

執行猶予が付く条件に付いて説明してきましたが、あくまで刑法では執行猶予を付けることが「できる」のであって、最終的にそれを付与するかどうかは裁判官にゆだねられることになります。

裁判の内容によっては執行猶予が付く条件を満たしていたとしても実刑判決になる可能性も十分にあるということです。特に前科を犯している人や執行猶予中に犯罪を犯した人に対して執行猶予が付く可能性は低いと言えるでしょう。

執行猶予中に犯罪を犯したらどうなる?

上記の例では、被告人は「懲役2年」の刑が言い渡され、執行猶予が3年ついています。この執行猶予中に犯罪を犯した場合はどうなるのでしょうか?

再犯の刑罰の重さによって変わりますが、禁錮以上の実刑の場合は強制的に取り消しとなります。また、刑罰が罰金などであった場合も裁判官が執行猶予の取り消しを言い渡すことができます。

当然ですが、執行猶予が取り消された場合は直ちにその刑罰が実行されることになります。

例の被告人が再犯で懲役3年に処された場合、被告人は前の犯罪の懲役2年と再犯の懲役3年の合わせて5年間の懲役を行わなければなりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク