一言で「逮捕」といっても、いくつかの種類がある

逮捕とは、犯罪を犯した人を捕まえることですが、それにはいくつかの種類が存在します。

逮捕とは?

逮捕とは、簡単に言えば犯罪を犯した人を捕まえることです。しかし、人を逮捕するということはその人の自由を奪うことであり、もし逮捕した人が実は無実の罪だった場合誤認逮捕ということとなり大きな問題になります。そのため、逮捕には通常複雑な手続きが必要となります。

通常逮捕

警察(および検察。以下警察とだけ書きます)が犯人を逮捕するにおいてもっとも一般的なものはこの通常逮捕となります。

事件が発生すると警察は現場の状況などから誰が犯人なのかを客観的にわかる証拠を見つけ出します。そしてそれらの証拠を裁判官に提示して怪しい人を逮捕しなければいけない理由を説明します。

そして、裁判官がこの人は警察の言うとおりこの人は怪しいと判断すれば「逮捕状」というものが出され、この時点で警察は怪しい人を逮捕することができるのです。

そして、警察は逮捕をするときに必ず怪しい人に対して逮捕状を見せなければいけないという決まりがあります。

緊急逮捕

刑事訴訟法第210条には以下のような記述があります。

検察官、検察事務官又は司法警察職員は、死刑又は無期若しくは長期三年以上の懲役若しくは禁錮にあたる罪を犯したことを疑うに足りる充分な理由がある場合で、急速を要し、裁判官の逮捕状を求めることができないときは、その理由を告げて被疑者を逮捕することができる。

この場合には、直ちに裁判官の逮捕状を求める手続をしなければならない。逮捕状が発せられないときは、直ちに被疑者を釈放しなければならない。

引用:刑事訴訟法

簡単に言えば、「重い罪を犯したと思われる人がいて、なおかつすぐに国外逃亡したり証拠隠滅を図ったりしそうで急がなければならないとき」に限って、逮捕状が無くても怪しい人を逮捕できるという決まりです。もちろん、後からでもきちんと正式な逮捕状が必要となります。

現行犯逮捕

今まさに犯罪行為が行われている、あるいは行われた直後である場合、これも緊急逮捕と同じく警察は逮捕状が無くても犯人を逮捕することができます。この現行犯逮捕に限り警察の職を持たない一般人もきわめて厳しい条件を満たしたときのみ逮捕を行うことができます(私人逮捕)。

もちろん、後から逮捕状を用意しなければならないのは言うまでもありません。

まとめ

逮捕について、ざっくりと表でまとめてみます。

通常逮捕 緊急逮捕 現行犯逮捕
逮捕状の請求 事前 事後 事後
適用条件 逮捕状が出されたら 対象が凶悪犯であり、緊急を要するとき 対象が現行犯、または犯罪を行った直後であるとき
私人逮捕 × × 条件ありで可能
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク