詐欺の種類はたくさんある? ~詐欺罪~

相手から物をだまし取ることは詐欺に当たりますが、詐欺となる行為は多岐にわたります。

詐欺及び恐喝の罪

相手をだますことを禁止した罪です。第246条に基本的なものとなる詐欺罪が明記されています。

だますと書いていますが、詐欺罪の適用範囲はとても広く、とにかく人を欺いて何らかの利益を得たならばそれはすべて詐欺罪に該当することになります。

詐欺罪に該当するものとしては以下のようなものがあります。

内容 だまされた人 だまされた人が期待していたこと
お金が戻ってくるからと言ってATMを操作させてお金をだまし取る ATMを操作された人 お金が戻ってくる
食い逃げ 飲食店 食事の代金をもらうこと
お釣りを店の人が間違えて多く払ったことに気が付いたが、それを申告せずにもらう 店の人 間違って渡したお金を返してくれること(気づいた人は申告義務があります)
銀行口座を開設して、それを第三者に譲渡する 銀行 その口座を銀行に来た人本人が使うこと
商品を与えるつもりがないのに、商品の代金を振り込ませる。 顧客 商品をもらうこと

最後の項目の商品は有形の物ではなく、無形の物(旅行や散髪などのサービスなど)も含まれます。

また、詐欺には以下のような派生した決まりもあります。

  • ハッキング等で相手の電子機器を不正に操作して利益を得た(第246条の2:電子機器使用詐欺)(フィッシング詐欺で得たクレジットカード情報などを使って買い物をするとこれに引っかかる)
  • 判断能力のない子供や障害者をだましてお金などをだまし取る(第248条:準詐欺)
  • 相手をおどしてお金などをだまし取る(第249条:恐喝)

こんな具合に詐欺として成立する行為は広範囲に及びます。内容によって罪の名前は変わりますが、どの罪を犯した場合であっても10年以下の懲役となります。

また、他人の財産などを扱う仕事において、自分または他人に対して不正な利益を得るような行為をした場合は背任の罪となり、5年以下の懲役または50万円以下の罰金となります(ただ、ここの内容は横領罪と非常に似ているので背任ではなくより刑罰の重い横領が成立する場合も多い)。

未遂と雑則

詐欺は未遂であっても罰せられます。

また、窃盗及び強盗の部分にあった以下の3つの項目は詐欺罪にも適用されます。詐欺罪になじむように書き換えてみると・・・

  • 自分の物を相手が占有しているときに自分の物だからと言ってだまし取ると詐欺罪となる。
  • 例外規定として、詐欺をした相手が配偶者、直系血族、同居の親族の場合は刑が免除されるほか、それ以外の家族間で行われた場合は親告罪となる。
  • 電気をだまし取るのもアウト

というような感じになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク